「ラテアートについて、
こんなページがあったらいいのに・・・」

このサイトは、ラテアートを始めた頃の、僕のそういった気持ちから立ち上げました。

ただラテアートを見るのが好きな方。
ラテアートをこれから始めたいと思っている方。
ラテアートを実際に描きはじめた方。
仕事でラテアートをガンガン描いている方。

そういった全ての方々に、役に立つサイトになればと思っています。

管理人 イタリア料理ベルコルノ 代表 伊藤 雄一

BZFd0kvCEAAYhWv(プロフィールページへ)

 


 

僕自身がラテアートに興味を持ったのは20年ほど前のことです。

 当時は「エスプレッソ」というものに対する一般認知も低く、「出てきたコーヒー(エスプレッソ)の量が少ない!」とクレームを仰る客さんも大変に多かったと聞きます。エスプレッソマシンを置いているカフェ自体が珍しい頃でしたが、その頃大学生だった僕は、そういったお店を見つけては通い、カウンターの向こう側に見えるエスプレッソマシンのカッコ良さに惚れ惚れしながら、カプチーノに描かれたラテアートの美しさに魅了されていました。

 

「いつかは僕も自分のカフェを持ってラテアートを出したい!」なんて思っていましたが(紆余曲折を経てシェフとしてイタリア料理店を出すことになりました)、当時はラテアートに関する情報なんて満足に手に入りません。スマホどころかYouTubeもない時代。携帯電話に、Eメールを送信する機能がようやく出始めた頃です(写真を撮るカメラ機能付き携帯電話は、まだ発売されていません)。
当然、ネットで調べても、ある程度まとまった情報を掲載しているサイトなんて片手で数えられる程度しかなく、

 

ラテアートについて知りたいと思ったら、エスプレッソマシンの輸入代理店が細々と開催しているセミナーに出かけていったり、実際にラテアートを提供しているお店の人と仲良くなって教えてもらうか、そこで働いて現場で技術を習得するしかありませんでした。

 

時を経て今・・・、いざネットでラテアートについて調べようと思った際に「便利なサイト」が出てきたかというと、残念ですが「ラテアートについて包括的に情報を網羅したサイトはまだ無い。」と思います。

確かに、昔とは比べ物にならないほど、ラテアートについての記述や写真・動画は出回るようになりました。SNSには、プロ・アマ問わず素晴らしいフリーポアの名手による美しい動画や、凝ったエッチング画像が溢れています。

 

ですが、自分のこれまでの経験を振り返って、

・ラテアートに興味を持ち始めた頃
・ラテアートを実際に「始めたい」と思った頃
・ラテアートを始めたばかりの頃
・ラテアートに、ある程度慣れてきた頃
・お店でラテアートを出し始めた頃
・お店で出すラテアートに、バリエーションを増やしたいと思った頃
・お店の営業に、ラテアートを積極的に活用していきたいと思った頃

 その段階ごとに「欲しい」と思った情報は、全てバラバラでした。

 

そして、その全てを網羅しているサイトは、残念ながら、今も無いと思うのです。

個々の情報では、確かにあります。様々な「描き方動画」も見ることが出来ますし、エスプレッソマシンに関してなら、現在はマシンの輸入代理店の通販サイトも情報が充実しています。

しかし、それらは全てバラバラの情報で、いわば「点」。

あるひとつの事(点)を理解した次に、次の何か(点)を知りたいと思ったら、また別のサイトなり本なりを探さないといけなかったりします。点と点が繋がっていない(線になっていない)わけです。
いちユーザーが「ラテアートについて知りたい!」と思った時に、ものの理解が早いのが、点ではなく線が繋がっていることは明らかです。そしてそれこそが、「ラテアートについて情報を網羅したサイト」であると思うわけです。

 

ひとつ、僕の経験談を挙げてみます。

僕がラテアートに興味を持ち始めた頃、業務用のエスプレッソマシンの写真を見ていて、ポルタフィルター(コーヒー粉を詰めてマシンにセットする抽出口が付いたパーツ)に、抽出口がふたつあるものと、ひとつのものがあるのに気付いたんですね。

IMG_9331 ← こういうのと、

IMG_9334 ← こういうのです。

まだエスプレッソマシンを触ったことがない僕は、疑問に思ったわけです。

「あれ?エスプレッソを1杯淹れるのと、2杯入れるのじゃ、必要なコーヒー粉の量が倍違うじゃんね? それなのに、この写真を見ると、フィルターの中に粉を詰めるスペースは、どうみても同じぐらいの大きさに見えるんだけど・・・どういうことだ!?」と。

実は、なんてことはない、ポルタフィルターの中には「フィルターバスケット」という粉を詰める「器」が入っていまして、そのバスケットの大きさが違うんですね。

IMG_9001 ← 左が2杯用、右が1杯用。

IMG_8882 ←バスケットだけを取り出すと分かり易い。

今になれば、「ちょっと考えればわかるだろ?」とも思いますし、バリスタの人が聞いたら、「そんなこと知らなかったの?」っていうレベルの、かっこ悪い話です。

でも当時は真剣に疑問に思っていて、FMI(マシンの輸入販売を行っている代理店)のバリスタセミナーに参加してはじめてエスプレッソマシンを触ったときに、「あぁ!!!こうなってたんだ!!!」って思ったことを鮮明に覚えていいます。

 

「段階ごとに欲しい情報が違う」というのは、こういうことですね。

 

今、ネット上にあるラテアートの情報ページというのは、その多くが、こういう「超基本的な」知識はとっくにクリアした人たちが作っていらっしゃるわけです(考えてみれば当然です。分かっていないと作れないですからね)。だから、わりとこういった超基本的知識は、分かっていて当然として扱われて、記述されていなかったりするんですね。しかしこういう情報こそが、一番最初の段階のひとにとっては、「へぇ!」であり、「なるほど!」なわけです。

こういった点が、漏らすことなく網羅されていて、それが線で繋がっていけば、どの段階の人でも入っていきやすいし、また、「そんなこととっくに知ってるよ!」という人にも、改めて確認することは意味のある作業です。自分が教える側に回ったとき、どういう点を押さえながら教えていいかを考えるには、自分が辿ってきた道筋を思い返すことが一番の方法ですから。

 

このサイトでは、そういった「線」で繋がる情報提供を心がけ、ラテアートについて知りたいと思っている、あらゆる段階の方の役に立てることを目的としています。

 

そして、これはネット上で「ラテアートについての情報が不足している」と僕が感じる理由の一つでもあるのですが・・・、実は飲食業界って、まだまだネットよりも紙媒体の方が情報が早く、そして詳しかったりすることもあるんですね。いわゆる「業界誌」ってやつです。そういったものに掲載されている情報は、なかなかネットには上がってこなかったりもします。そんな情報も取り上げていけたらいいなと思ったりしています。あとは、セミナーや展示会に行かなければ手に入らない情報もそうです。

 

このサイトは、ラテアートに興味を持ち始めたばかりの頃から今までを頭の中で振り返って、「こういうサイトがあればよかったのに」。と自分が思うようなサイト作りを心がけています。

 

ラテアートは、あらゆる人を笑顔にすることができる魔法のカップです。

 

現在進行形で描いている人も・・・、これからの人も。

 

ラテアートの世界へようこそ!

 

ラテアートとは ~その定義とトレンド~